お金をかけて子どもにプログラミングを学ばせる必要がない家庭の3つの特徴

投稿日:

「子どもにプログラミング教育は無駄、お金を払う価値はない!」という話をちょこちょこ耳にしたので、悲しくなっていろいろ調べてみた布川。

調べた結果、そう言っている方のほとんどが

「お金をかけなくても、Youtubeや無料のコンテンツで十分学べる機会はある」

と主張されていました。

うーん!ごもっとも!

プログラミングに限らず、「好き」「興味がある」というのは学びのガソリン。

今の時代なら、無料のコンテンツを自分で探して、学んでいくことができるでしょう。

では、実際、どんな子がお金をかけて学ぶ必要がないのでしょうか?

今回は、たがらぼに通う必要がほぼないだろうなというお子さんの特徴について、お伝えしますね。

こんな人はたがらぼでプログラミングを学ばなくてもOK!

①きっかけをつかむまで親御さんがフォローできる
②プログラミングに人並外れた興味を持てる
③学習につまづいても自分で調べる胆力とスキルを持っている

①きっかけをつかむまで親御さんがフォローできる

1つ目は、きっかけをつかむまで、親御さんがしっかりフォローできる人です。

パソコンの使い方は小学校でかなり習いますが、うちに通ってくれている小学2~3年生だと、入会当初はマウスもまだうまく操作できない、タイピングもままならない、という子が多いので、そもそもプログラミングの学習以前に教えなければならないことがたくさんあります。

また、無料の学習コンテンツを探したり、クラウドサービスに登録してアカウントを作ったり、ソフトをインストールしたりなどの「環境の準備」もしなければなりません。

一度、自分で学べるきっかけをつかむまでは、ある程度大人が手助けしなければならないので、それができる親御さんであれば、わざわざお金を出して通っていただく必要はないのかなと思います。

②プログラミングに人並外れた興味を持てる

2つ目は、お子さんがプログラミングに対して前のめりに興味を持っている場合です。

こういうお子さんですと、一度きっかけさえつかんでしまえば、あとは勝手に学び進められます。

幸い、インターネット検索さえできれば、プログラミングに関する知識は山のように転がっている時代です。

自分でそれらの情報を拾って、どんどん知識&スキルを身に着けていくでしょう。

たがらぼは、プログラミング的な考え方を学ぶ場所なので、ソースコーディングやアプリ開発などより高度な知識を欲しているお子さんにはちょっと物足りないかもしれません。

③学習につまづいても自分で調べる胆力とスキルを持っている

3つ目は、学び途中でつまづいたときに、あきらめずに自分で考えよう、調べようという意欲があるお子さんです。

プログラミングの学習は基本的に「簡単」ではないと私は思います。どちらかというと「複雑」で「難しい」部類に入るのではないでしょうか。

ゆえに、学習の途中でつまづき「もうや~めた!」となる人も多いのです。

そんなときに、適切な大人の手助けが必要になるのですが、それがなくても自主的に学べるお子さんだと、オンライン学習などで十分ということになるでしょう。

結局、プログラミングスクールに通う意味とは?

インターネット上にはプログラミングを学ぶためのさまざまな情報がおちていて、それを使えば無料で学ぶことができるのは本当です。

ただ、それらの情報がそれぞれのお子さんの年齢や性格に最適かどうかはわかりませんし、場合によってはコンテンツを探す時間が余計に必要なので、10学ぶまでに100の時間がかかってしまって、効率的ではないかもしれません。

一方、スクールで用意されている学習コンテンツは、「体系化」されているので、それぞれの学年に合ったものを学習できますし、さらに、講師が対面でフォローする場合は、お子さんの性格や特性に合わせてフォローすることもできます。

また、体系化されている学習コンテンツの良いところは、とにかく効率よく学べるところです。

習い事、宿題、ゲーム、家族との時間など、他のことをする時間も大切にしたいという人にとっては、より短い時間でプログラミングを習得できた方がいいですよね。

実際、たがらぼに来てくださってるお子さんの親御さんも、

本当は自分で教えたいけれどもお仕事で時間がとれない

だとか、

教えるにしても小学生に最適な学習コンテンツがわからない

とか、

身内だと子供も親も甘えが出てしまって教える&教わるのが難しい

という理由で、たがらぼで学ぶことをお選びいただいています。

もちろん、最終的には「自分で調べて学習できる人」になってもらえるのが理想です!

が、そこにたどり着くまでのお手伝いを全力でしていく、それがたがらぼの使命です◎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。